MEDIA AMBITION TOKYO

X

Relight Days

Relight Project
東日本大震災から5年。

「Relight Days」は、人間の「生と死」をテーマにした宮島達男のパブリックアート作品『Counter Void』の5年ぶりとなる再点灯を皮切りに、Relight Committee(※)が企画する参加型プログラム、トークセッションを通じて、未来の生き方や人間のあり方を考える3日間のイベントです。

Roppongi Hills, Keyakizaka

Google Map

03.11—0313  |  3月11日(金)—3月13日(日)

※『Counter Void』点灯式 : 3/11(金)17:50 ~  消灯:3/13(日)24時

Schedule
  • 入場料

    無料

  • 宮島達男「Counter Void」2003年 / テレビ朝日所蔵作品

Artist Profile

  • Relight Project

    Courtesy Lisson Gallery Milano

    Relight Project

    リライトプロジェクトとは:
    人間の「生と死」をテーマに作られた東京を代表するパブリックアート『Counter Void』は、東日本大震災の発生から2日後の3月13日、震災による犠牲者への鎮魂の意を込め、作者である宮島達男自身の手で消灯されました。

    そして今。一人ひとりの東日本大震災に対する思いや記憶が移り変わる中、人々の心に問いと気付きを生み出すシンボルとして『Counter Void』を再点灯させると同時に、未来の生き方や人間のあり方を考えるプラットフォームを目指すプロジェクトです。