MEDIA AMBITION TOKYO

X

the view[for LEXUS LF-LC]

Norimichi Hirakawa X LEXUS

2007年、ミラノ・サローネにおけるLEXUSのインスタレーションのために書かれた映像プログラムを出発点に、地平線をモチーフとして再制作した作品。計算によって造形されながらも、街や道路といった人工物や、山や河、断崖といった自然の造形を思わせる景色が現れる。敢えて、観客との物理的なインタラクションを排除することで、コンピューターと人間の想像力が相乗的に機能することで生まれる、純粋に審美的な世界を探求する。コンピューターの計算能力が人間の創造力にもたらすものは何なのか。その先に想像されるものは何なのか。8年前とは文字通り桁違いの能力を持つコンピューターを用いることで、本質的な何かが、新しく発見されることはあるのか。

Roppongi Hills ‘MAT LAB’, Mori Tower 52F, TOKYO CITY VIEW

Google Map

02.26—03.21  |  10:00—22:00

2月26日(金)–3月21日(月・祝)

Schedule
  • 入場料

    一般当日1800円、一般前売り1500円(東京シティビュー入場料)
    チケット販売:peatix

    シニア(65歳以上) \1,500(税込)、高・大学生 ¥1,200(税込)、4歳~中学生 ¥600(税込)※チケットは森タワー3階チケットカウンターにて販売致します。

Artist Profile

  • Norimichi Hirakawa

    Norimichi Hirakawa

    コンピュータ・プログラミングによるリアルタイム処理を用いた映像音響インスタレーションを中心に国内外の美術展、メディア・アート・フェスティヴァルで発表。アルス・エレクトロニカ2008インタラクティヴ・アート部門優秀賞ほか受賞多数。池田亮司、大友良英、三上晴子の作品制作への参加、Typingmonkeysとしてのライヴ・パフォーマンス、ARTSATプロジェクト(衛星芸術プロジェクト)におけるアーティスティック・ディレクションなど、活動は多岐に渡る。