MEDIA AMBITION TOKYO

X

幽体の囁き

Yoichi Ochiai

超指向性スピーカーによる空間音響技術で、空間に気配感を蘇らせるプロジェクト。2016年の県北芸術祭では、空間インスタレーションとして廃校の校庭に教室の気配感を作り上げた。また県北芸術祭では建築家の妹島和世とのコラボレーションによる、見えない川をの流れを聞く作品「空気のせせらぎ」も展示された。

Roppongi Hills, Mori Tower 52F, TOKYO CITY VIEW

Google Map

02.11—03.12  |  10:00—22:00

2月11日(土)–3月12日(日)

Schedule
  • 入場料

    一般当日1800円、シニア(65歳以上)1500円、学生(高・大学生)1200円、子供(4歳〜中学生)600円

    ※東京シティビュー入場料

Artist Profile

  • Photo:Yoshiro Hayakawa

    Photo:Yoshiro Hayakawa

    落合 陽一

    筑波大学助教 / メディアアーティスト。 筑波大学でメディア芸術を学び,東京大学で学際情報学の博士号を取得(学際情報学府初の早期修了者)。2015年より筑波大学助教。

    映像を超えたマルチメディアの可能性に興味を持ち、デジタルネイチャーと呼ぶビジョンに向けて研究に従事。

    情報処理推進機構よりスーパークリエータ/天才プログラマー認定に認定。World Technology Award
    2015年、世界的なメディアアート賞であるアルスエレクトロニカ賞受賞など、国内外で受賞歴多数。