MEDIA AMBITION TOKYO

X

    セッション3「TOKYO LIGHT ODYSSEY : future by LEXUS」

    Roppongi Hills, Mori Tower 52F, TOKYO CITY VIEW

    Google Map

    02.16  |  19:00-20:00

    2月16日(木)

    Schedule
    • 入場料: 無料(東京シティビュー入場料が別途かかります。) / 定員:22名

      応募方法:メールタイトルに「2月16日観覧希望」とご記入のうえ、住所・電話番号・氏名・年齢・ご職業を明記しinfo@mediaambitiontokyo.jpにお送りください。

      応募締切:2月9日(木)/ 抽選で22名様をご招待致します。

    Artist Profile

    • Yoshihiro Sawa (LEXUS INTERNATIONAL)

      京都工芸繊維大学意匠工芸学科卒業。1980年入社。カローラなどの小型車外形デザインを担当。米国駐在、内外装デザインを経て、異色のデザイナー出身チーフエンジニアとして、プジョー・シトロエンと共同生産を行う欧州戦略車アイゴの開発を担当し、2013年には常務理事に就任。2016年4月に常務役員、Lexus International Executive Vice Presidentに就任。

    • Kosuke Oho (WOW)

      多摩美術大学グラフィックデザイン科卒大手広告代理店を経てWOWに参加。広告を中心とした映像全般(CM、VI、PV)のプランニング及びクリエイティブディレクションを手がける。近年は空間を意識した映像表現に力を入れ、さまざまなインスタレーション映像のディレクションを国内外で手がけ活動領域を広げている。

    • Kaoru Kudo (WOW)

      東北芸術工科大学デザイン工学部CG学科卒。広告映像から、様々な展示スペースにおけるインスタレーション映像、メーカーと共同で開発するユーザーインターフェイスのデザインなど様々な分野のビジュアルデザインを手がける。新しいアートやデザイン、
      価値観を仙台から発信しようと映像の可能性を追求しています。

    • Junji Tanigawa(JTQ Inc. / MAT Committee )

      1965年生まれ。2002年、空間クリエイティブカンパニー・JTQを設立。「空間をメディアにしたメッセージの伝達」をテーマにイベント、エキシビジョン、インスタレーション、商空間開発など目的にあわせたコミュニケーションコンテクストを構築、デザインと機能の二面からクリエイティブ・ディレクションを行う。D&AD賞入選。DDA 大賞受賞、優秀賞受賞、奨励賞受賞、他入賞多数。