MEDIA AMBITION TOKYO

X

Street Debater

Tomo Kihara

ストリート・ディベートは路上で問題提起をし、世論を硬貨で可視化する職業である。これは、路上での「ものごい」に代わる行為でもあり、尊厳を損なわずにお金を稼ぐことができる誰もが出来る方法である。路上で暮らすことを余儀なくされた人々が、友好的な会話を通して社会へ対等な立場で再接続する最初のステップとなることを目指している。私たちはかつてないほど思想的に分断された社会の中を生きている。SNSがもたらしたエコーチェンバー現象による思想の分断が社会に歪みをもたらし、世界中の国の政治が極端なイデオロギーに傾き始めている。社会の両極化を是正できるのはデモによる一方的な方法での思想の押し付けではなく、様々な背景を持つ人が実際に顔を合わせ、意見の違いを議論することではないだろうか?現在も欧州では様々な背景から来たストリート・ディベーター達が、路上から議論を巻き起こしている。

Roppongi Hills, Mori Tower 52F, TOKYO CITY VIEW

Google Map

2/9(fri)–2/25(sun)  |  10:00-22:00

Schedule
  • 入場料

    一般当日1800円、シニア(65歳以上)1500円、学生(高・大学生)1200円、子供(4歳〜中学生)600円

    ※東京シティビュー入場料

Artist Profile

  • Tomo Kihara

    1994年生まれ。デザインリサーチャー。デルフト工科大学院インタラクションデザイン研究科にて、遊びを通じて状況へ介入する Playful Intervention の研究を行う。社会変革を生み出すプロジェクトを国際的に手がけており、中古スマホの再利用方法を研究する phonvert は英国デザインミュージアムによりDesign of the Year 2016にノミネートされた。WIRED Creative Hack Award 2017にて Street Debater がグランプリを受賞。