MEDIA AMBITION TOKYO

X

Study for a surrounding entropy

ロビン・ジャンガース (Qosmo)

本作はソフトウェア無線機(SDR)を用いて、会場周辺の電磁場を捉えるオーディオビジュアルインスタレーション作品である。アンテナが捕捉する電磁場からは、ラジオや無線通信のような知覚可能な信号のみならず、周囲の電子機器や大気そのものが生み出す環境ノイズが取り出せる。周波数スペクトラムをリアルタイム処理することで導出される、複雑さ・エントロピーの値によって、映像と音が変容していく。
本作では日常空間に遍在するデータストリームの概念とその情報量の具現化、それらの抽象的な解釈と再構成を行う。データをストーリーテリングのためではなく、インタラクションの源としてダイレクトに用い、感覚に作用するありのままの美を提示することを試みる。

 

コンセプト/プログラミング:ロビン・ジャンガース
ビジュアルリサーチ:堂園翔矢
監修:徳井直生

Roppongi Hills, Mori Tower 52F, TOKYO CITY VIEW

Google Map

2/23(sat)–3/3(sun)  |  10:00-22:00

Schedule
  • 無料(東京シティビュー入場料が別途かかります。)

    東京シティビュー入場料
    一般当日1800円、シニア(65歳以上)1500円、学生(高・大学生)1200円、子供(4歳〜中学生)600円

Artist Profile

  • Robin Jungers (Qosmo)

    1994年フランス・ナント出身。パリ・エスト大学卒業。
    物理と数学の予科を受講後、パリ・エスト大学にてソフトウェアエンジニアリングを学ぶ。

    専門は、マルチメディアとビジュアルの制作。特に有機的でシンプルな美しさに関心があり、交換留学生として在籍したはこだて未来大学では自然なアプローチで生成されるビジュアルの制作に取り組んだ。2017年、在学中からインターンとしてQosmoに加入。