MEDIA AMBITION TOKYO

X

鈴木よしはる

Yuta Sasaki

廃棄された実在のポートレートに映像をモンタージュすることで、それが持つほのかな命をあらためて燃え上がらせ、メディア化し、見る人の中に物語を生成する試み。Aを入力するとBが返ってくるような、コンピュータを用いた表現が得意とする「関数」とは異なるアプローチとして、「本当のこと」にテクノロジーを持ち込み、その回路が変わっていくプロセスをドキュメンテーションした。

Roppongi Hills, Mori Tower 52F, TOKYO CITY VIEW

Google Map

02.11—03.12  |  10:00—22:00

2月11日(土)–3月12日(日)

Schedule
  • 入場料

    一般当日1800円、シニア(65歳以上)1500円、学生(高・大学生)1200円、子供(4歳〜中学生)600円

    ※東京シティビュー入場料

Artist Profile

  • Yuta Sasaki

    1982年生まれ。大学卒業後、場所をメディアに変えることを目指し、ささき製作所というユニットを始める。≪即席紙芝居≫≪ズームイン顔≫で、第15回・第19回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門審査委員会推薦作品選出。≪鈴木よしはる≫で、WIRED CREATIVE HACK AWARD 2016グランプリ受賞。日本科学未来館職員を経て、現在は東京大学空間情報科学研究センター学術支援員、および東京藝術大学社会連携センター特任研究員を兼務しながら、ささき製作所にて自主制作を行なっている。