MEDIA AMBITION TOKYO

X

MAT Talk「ヒューマニティをテクノロジーで拡張する」

創作活動を通して表現を続けるアーティストと、モノづくりを通して生活の進化に挑む企業。これまでアートとビジネスの交差点は明確に特定しづらいものでしたが、今、「テクノロジー」が両者を繋ぎ始めています。今回、アーティストと企業がコラボレーションして制作したメディアアート作品 Connected Flower は、人間を繋ぐことも、分断させることもできる「テクノロジー」に関する、両者の想いの重なりから誕生しました。テクノロジーは、人間の生活や人間らしく生きること(ヒューマニティ)に、どのような影響をもたらし得るのでしょうか。また、企業とアーティスト、両者の共通認識と、両者の協調によって拡がる社会の可能性とは、何でしょうか。そしてメディアアートは、どのような社会的な役割を持ち得るのでしょうか。本トークでは、作品にまつわる話を進行しながら、制作の過程で飛び出した「ファッション」「ビッグデータ」「シンギュラリティ」「AI」などのキーワードを繋げ、テクノロジーの未来を掘り下げていきます。

※トーク終了後には、実際の作品をご確認いただきながら、浅井氏・廣川氏 両名の解説による作品ミニツアーを予定しております。こちらも合わせてご参加ください。

出演:浅井 宣通(アーティスト)、廣川 玉枝(SOMARTA Creative Director / Designer)、阿部 典行( Honda R&D CO., LTD Cheef Engineer)

応募方法:peatixよりお申し込み下さい。

集合場所:六本木ヒルズ 森タワー52階 東京シティビュー展望ギャラリー3 [MEDIA AMBITION TOKYO会場内]
セッション開始時刻15分前までにご集合下さい。
※当日はイベントの模様を取材・撮影する可能性があり、お客様の様子が各種メディア媒体、Webサイト、ソーシャルメディア等に掲載される場合がございます。ご協力お願いいたします。

Roppongi Hills, Mori Tower 52F, TOKYO CITY VIEW

Google Map

2/19  |  19:00-20:15

Schedule
  • 無料(東京シティビュー入場料が別途かかります。)  / 定員:50名

Artist Profile

  • NOBUMICHI ASAI

    東北大学理学部卒。メディアアーティスト。グラミー賞でのレディーガガとのコラボレーション、AyaBambiとのフェイスマッピング作品INORI(Prayer)、Connected Colors、OMOTE、FACE HACKINGなどフェイスマッピングを中心とした作品で世界的に知られる。ルーブル美術館、モスクワのCircle of Lightなど世界各地のアートフェスティバルにおいてスピーカー、審査員としても活躍。文化庁メディア芸術祭、VFX AWARD、アルスエレクトロニカなど受賞多数。

  • TAMAE HIROKAWA(SOMARTA Creative Director / Designer)

    ファッション、グラフィック、サウンド、ビジュアルデザインを手掛ける「SOMA DESIGN」を設立。
同時にブランド「SOMARTA」を立ち上げ東京コレクションに参加。


第25回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。単独個展「廣川玉枝展 身体の系譜」の他Canon[NEOREAL]展/ TOYOTA [iQ×SOMARTA MICROCOSMOS]展/ YAMAHA MOTOR DESIGN [02Gen-Taurs]など企業コラボレーション作品を多数手がける。2017年SOMARTAのシグニチャーアイテム”Skin Series”がMoMAに収蔵され話題を呼ぶ。

  • NORIYUKI ABE (Honda R&D CO., LTD Cheef Engineer)

    東海大学動力機械工学科卒業。1984年入社。エンジン設計者として第二期F1プロジェクトを皮切りに直噴エンジンなど先進研究に従事。1990年代後半からは電動車両を主に担当し、燃料電池車や1~3Motorの各種ハイブリッド車用電動システムを研究。2016年10月より現室課にて新型電気自動車を開発の傍ら、企業改革プロジェクトに携わり現在に至る。