MEDIA AMBITION TOKYO

X

TALK SESSION #04「身体がメディウムになる、共感覚的音楽体験とは?」

共感覚(シナスタジア)や感覚複合的体験を探求・実践するシナスタジアラボ。今回MATで発表した共感覚体験装置「シナスタジア X1-2.44」は、サウンドアーティストのevalaを招き、音・振動・光に全身が包み込まれ、神秘的な世界へと誘われる音楽体験を生み出した。自分の体がメディウム(媒体)となり、内側から拡張される感覚とは?
シナスタジアラボを率いる水口哲也と、音と振動の作曲を手がけたevalaが、これからの知覚体験についてお話します。

出演:水口哲也(シナスタジアラボ/Enhance)、evala(See by Your Ears)

モデレーター:塚田有那(See by Your Ears)

 

日時:3月2日(土)19:00-20:30

応募方法peatixよりお申し込み下さい。

会場:六本木ヒルズ 森タワー52階 東京シティビュー展望ギャラリー3 [MEDIA AMBITION TOKYO会場内]
※セッション開始時刻15分前までにご集合下さい。

参加費:無料 / 定員:70名 ※東京シティビュー入場料が別途かかります。
東京シティビュー入場料
一般当日1800円、シニア(65歳以上)1500円、学生(高・大学生)1200円、子供(4歳〜中学生)600円

※当日はイベントの模様を取材・撮影する可能性があり、お客様の様子が各種メディア媒体、Webサイト、ソーシャルメディア等に掲載される場合がございます。ご協力お願いいたします。

Roppongi Hills, Mori Tower 52F, TOKYO CITY VIEW

Google Map

3.2(sat)  |  19:00-20:30

Schedule

Artist Profile

  • Tetsuya Mizuguchi (Synesthesia Lab/Enhance)

    エンハンス代表、シナスタジアラボ主宰。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)特任教授。シナスタジア(共感覚)体験の拡張を目指し創作を続けている。2001 年、映像と音を融 合させたゲーム作品「Rez」を発表。その後、音と光の電飾パズル「ルミネス」(2004)、 指揮者のように操作しながら共感覚体験を可能にした「Child of Eden」(2010)、Rez の VR 拡張版である「Rez Infinite」(2016)、テトリスの VR 拡張版「Tetris Effect」(2018)、音 楽を光と振動で全身に拡張する「シナスタジア・スーツ」(2016)、共感覚体験装置「シナ スタジア X1 – 2.44」(2019)など。 Media Ambition Tokyo(MAT)理事。エッジ・オブ共 同創業者兼CCO。

  • evala (See by Your Ears)

    音楽家、サウンドアーティスト。先鋭的な電子音楽作品を国内外で発表。立体音響システムを新たな楽器として駆使し、2016年より新たな聴覚体験を創出するプロジェクト「See by Your Ears」を始動。音が生き物のように躍動的にふるまう現象を構築し、新たな音楽手法としての“空間的作曲”を提示する。代表作に「大きな耳を持ったキツネ」(Sonar+D, Barcelona 2017) 「Our Muse」 (ACC, Gwangju Korea 2018)のほか、ソニーの立体音響技術Sonic Surf VRを用いた576ch音響インスタレーション「Acoustic Vessel Odyssey」(SXSW, Austin 2018)を展開。また舞台、映画、公共空間などにおいて、先端テクノロジーを用いた多彩なサウンドプロデュースを手掛けている。

    http://evala.jp
    http://seebyyourears.jp