MEDIA AMBITION TOKYO

X

Voronoi Tatami TESSE

noiz + kunieda + Ryo Shiraki

ヴォロノイ畳《TESSE》は、 アルゴリズムを用いた独自開発の技術によって、 空間の形状に合わせて分割パターンを生成できる畳です。《TESSE》の独特のパターンは、自然界に頻繁に現れる幾何「ヴォロノイ図」を基にしています。パターンの自動的な出力にあたっては、 畳を製作する上での材料の規格や製法、ヴォロノイ図という幾何学的な規則などをアルゴリズムに落とし込んで、世界に一つだけの畳をその都度生成します。

-マスカスタマイゼーションと生産システムの体現。
Tatami Generator βはオンライン上でフルカスタマイゼーションのデザイン・製造・流通を行うプラットフォームの試みです。い草という伝統的な素材をベースに、形状や構成、畳の目の向きやそれに応じて生じる光の反射、自然素材ならではの色の変化を自在に組み替えることで、個々の環境や好みに応じたあなただけの畳が個別生産可能なシステムです。

-ローカルからグローバルへ。
現在では、3Dスキャニング技術の進歩により世界中のどこでも、必ずしも直線や直角ではない多様な部屋の寸法や形状情報が取得可能になっています。以前はほぼ国内限定、近所の畳屋さんに採寸してもらうことが前提だった畳という伝統的な素材が、ネットとパラメトリックな形態生成技術、CNCファブリケーション技術を組み合わせることで、突然世界に広がりをもち、かつ個々のオーナーが独自性を楽しむことができる、新しいデザインプロダクトに昇華します。

-4畳半から都市スケールまで。
《TESSE》の例にとどまらず、伝統産業や工芸とテクノロジー、デザインの融合により価値や市場を拡張し、国際的に存在感を高める可能性は他にもたくさんあるはずです。noizでは、他の伝統産業においてもそうした価値の再編成、再実装の試みを進めています。さらには、《TESSE》で用いたようなアルゴリズムのモノへの実装可能性は、多様なスケールを超えて、建築や都市といったより複合的な領域へと拡張しています。そうした動的な構造全般を扱うことこそが、これからの建築デザインに求められる技術なのです。

https://noizarchitects.com/en/archives/works/tesse

 

展示作品:noiz + 国枝

映像:Ryo Shiraki

Google Map

2/23(sat)–3/3(sun)  |  10:00-22:00

Schedule
  • 無料(東京シティビュー入場料が別途かかります。)

    東京シティビュー入場料
    一般当日1800円、シニア(65歳以上)1500円、学生(高・大学生)1200円、子供(4歳〜中学生)600円

Artist Profile

  • PHOTO CREDIT by Yasuhiro Takagi

    PHOTO CREDIT by Yasuhiro Takagi

    2007年に豊田啓介と蔡佳萱のパートナーシップとして東京で設立。2009年より台北事務所を併設。2016年より酒井康介がパートナーに加入。コンピューテーショナルな手法を積極的に駆使し、建築を軸にインテリア、インスタレーションなど幅広いジャンルで国際的に活動。最新デジタル技術のデザインやファブリケーション、システム実装などに関しても、教育やリサーチ、コンサルティング活動を積極的に展開。