アーティスト名
中村勇吾 + 北千住デザイン + JEMAPUR
会場
東京シティビュー(六本木ヒルズ 森タワー 52階)GoogleMapで開く
日程
2021/05/12~2021/05/23
時間
10:00~20:00

HUMANITY - AR EXPERIMENTS -

「HUMANITY - AR EXPERIMENTS」は、2021年 PlayStation 4・PS VRで発売予定の人間集団シミュレーターゲーム「HUMANITY™」をベースにした実験的なアートプロジェクト。 AR技術によって、六本木ヒルズ森タワー前広場「66プラザ」の空間に大勢のヒューマン(人間)を出現させ、実際の現実空間に、仮想の群衆がアクロバティックにオーバーラップされていく様子を、リアルタイムに体験することが可能。52階スペースにおいては、そのARの体験映像を一本の映像作品として制作、高解像度、高音質音響と共に上映する。※「HUMANITY – AR EXPERIMENTS」のAR作品は、アプリ(iPhone XS以降の機種)をダウンロードいただくことで、六本木ヒルズ森タワー前広場「66プラザ」で実際に体験いただけます。映像作品は森タワー52階でご覧いただけます。

Credit

中村勇吾 映像ディレクション
佐藤明日野 映像編集・デザイン
渡邊敬之 (北千住デザイン) AR プログラミング・デザイン
竹内理恵 3Dスキャン・モデリング
JEMAPUR 音楽
NON 音響システム
水口哲也 プロデューサー
山下恭子 アソシエート プロデューサー
佐藤文彦 プロジェクトマネージャー

Artist Info

中村勇吾
中村勇吾
インターフェースデザイナー/映像ディレクター。多摩美術大学教授。数多くのウェブサイトや映像のアートディレクション/デザイン/プログラミングの分野で横断/縦断的に活動を続けている。主な仕事に、ユニクロの一連のウェブディレクション、KDDIスマートフォン端末「INFOBAR」のUIデザイン、NHK教育番組「デザインあ」のディレクションなど。主な受賞に、カンヌ国際広告賞グランプリ、東京インタラクティブ・アド・アワードグランプリ、TDC賞グランプリ、毎日デザイン賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞など。
北千住デザイン
北千住デザイン
プログラマー/ARクリエーター。21_21 DESIGN SIGHT “AUDIO ARCHITECTURE展” へのARアプリの出展、フィルタアプリMEISAIの開発など、近年はARを中心に活動中。https://kitasenjudesign.com/
JEMAPUR
JEMAPUR
JEMAPURは波形中毒者、電子音楽家、サウンド·デザイナー/コーダー。グラニュラー·シンセシス、マイクロ·サンプリング、ライヴ·コーディング、フィールド·レコーディングなどの手法を中心に、ハイパーソニック·エフェクトが発現するサウンドシステムを用いて音·周波数が知覚·認知活動に対して影響·拡張し得る機能·領域について、非学術的·感覚的なアプローチによる研究、実験、実践を自発的に行なう。2020年より新プロジェクトAstral Space Labを開始。 photo: Наталка Дяченко
一覧に戻るmenu-left icon