アーティスト名
Danny Hynds × KMD Embodied Media & Geist
会場
東京シティビュー(六本木ヒルズ 森タワー 52階)GoogleMapで開く
日程
2021/05/12~2021/05/23
時間
10:00~20:00

Sonitecture: Module 1

Sonitecture: Module 1 は人の身体の反応や感情の移り変わりを測定・解析し、光と影、音や振動と共に浮遊するデジタル生物に反映するインスタレーションである。感情や経験がデジタルツインを通じてアバターと接続される未来像の一端を体験することで来場者は自分と身体とマインド、空間とのつながりを再発見する。※写真はイメージです photo: Danny Hynds

Credit

Concept Design & Sound Artist: Danny Hynds (KMD Embodied Media)
Creative/Artistic Director: Akane Stephanie Ueno (KMD Embodied Media)
Technical Director: George Chernyshov (KMD Geist)
Technical Support: Lady Dingding Zheng (KMD Geist)
Physiological Sensing Algorithms: Jiawen Han (KMD Geist)
Wearable Device Design: Yulan Ju (KMD Embodied Media)
Fabrication: Hua Ma (KMD Future Crafts), Yan He, Rahul Mehta (KMD Embodied Media)
Technical Supervisor: Kai Kunze (KMD Geist)
Project Supervisor: Kouta Minamizawa (KMD Embodied Media)

Artist Info

Danny Hynds
Danny Hynds
Danny Hyndsは、米国出身の作曲家、クリエイティブテクノロジスト、ビジュアルアーティストです。 コロンビア大学で作曲の音楽学士号を取得後、CalArtsで実験的な音響実践の美術修士号を取得しています。オーディエンスのフィードバックを元にパブリックアート作品の間に深い感情的な繋がりを音と感情を駆使して構築する作品を探求しています。
KMD Embodied Media & Geist
KMD Embodied Media & Geist
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科「身体性メディア」(主宰: 南澤孝太教授)は、人々が自身の身体を通して得る様々な経験を、記録・共有・拡張・創造する未来のメディアテクノロジを創る研究グループです。人と人、人とモノとのインタラクションにおける身体性を理解し操ることで、楽しさ、驚き、心地よさにつながる新たな身体的経験を生み出します。/KMD Geist(主宰: Kai Kunze教授)は、テクノロジーを駆使して自分自身と世界の理解を深め、人の感覚の不思議さを探求する研究グループです。
一覧に戻るmenu-left icon